白沢みき

白沢みき

白沢みき

みきチャンネル毎日配信!

白沢みきの選挙活動はココが舞台。
仕事帰りに、自宅で、駅のホームで、お風呂の中で。。。
あなたの隙間時間に、いつでもアクセスしてください。
そして、ハッシュタグをつけて参加してください!!
~あなたの声を お待ちしております~

チャンネル登録はこちら

プロフィール

栃木県小山市生まれ

日本大学芸術学部卒業

  • 好きな言葉:
    為せば成る、為さねば成らぬ何事も。
    成らぬは人の為さぬなりけり
  • 尊敬する人:
    勝海舟、市川房枝
  • 長所・短所:
    そのどちらでもある「お人好し」
  • 息抜き:
    愛犬と散歩、ジムでZUMBAとステップ

マスコミでの経歴

アナウンサー、記者、インタビュアーとして20年間にわたる報道現場での経験を持ち数々の実績を積む。

  • 1989年~1995年
    NHK、テレビ朝日、文化放送、朝日ニュースターなどのニュース情報番組でキャスター、レポーターを担当。
  • 1995年~2003年
    東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)開局に伴い、100倍の倍率をくぐり抜け入社。報道記者を経て、ニュース情報番組『白沢みきのモーニングTOKYO』を担当。1人で企画・演出・出演をこなす新しいスタイルが高く評価され、ギャラクシー賞奨励賞(個人部門)受賞。
  • 2003年~2005年
    ビデオジャーナリストとして渡米。ニューヨークから、スカパー『白沢みきのNew York New York』を1年間放送、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ』NYリポートを担当。
  • 2006年~2011年
    スカパーチャンネルにて、ビジネスニュース番組『ダイワ・プレスウォッッチ』キャスター担当。企業トップへのインタビューも多数経験。
マスコミでの経歴

ビジネス分野での経歴

経済・医療・自動車・テクノロジー分野等の市場調査モデレーター、3Dプリンターの開発・販売促進などのPR担当者として、ビジネス分野での10年間の実績を持つ。

  • 2005年~2013年
    市場調査会社、セブンシーズマーケティングリサーチ株式会社(契約)にて、医療・経済・IT分野等のモデレーターを担当。
  • 2013年~2017年
    3Dプリンター関連のベンチャー企業、ボンサイラボ株式会社を起業。創業メンバーとして取締役就任。新製品の開発、生産管理・調達、PRを担当。
    デアゴスティーニ『週刊マイ3Dプリンター』監修を担当し国内外への普及に努める。
ビジネス分野での経歴

愛犬家としての経歴

米国生活中に犬とのライフスタイルに魅せられ、以来、愛犬家の友人たちとのコミュニティが生活の中心となる。もうすぐ16歳になる愛犬バーディーは目が見えない、聴こえない、歩けないものの以心伝心の大切なソウルメイト。

日本でも(1)店頭での生体販売はやめて、安易な商業主義の繁殖を取り締まること。(2)動物をモノではなく家族として捉え、虐待やネグレクト(飼育放棄)にも厳しい指導が適用されることを訴えている。

愛犬家としての経歴

白沢みきが掲げる3つのテーマを実現するための政策 My Policy

“ひとり”でも、胸を張って生きる人生へ

家族の形は、ひとつじゃない。
自分に正直に、自分を活かす「場」を選び
堂々と生きる日々を認め合い、
尊重する人生をつくります

My Policy

日本の単身世帯の割合はすでに35%*で、2040年には4割**に達すると予測されています。しかし、日本社会における単身生活者は、家族制度の枠からはみ出した「透明人間」のように扱われているというのが実感です。“ひとり”であることで生きにくさを感じても、口に出しにくい空気が今も存在しています。“ひとり”でも、胸を張って生きていけるよう、多様な生き方や価値観を尊重する社会の実現を目指します。
みなさんの正直な声を、白沢みきに聞かせてください。その声を国政に活かしていきます。

*(出典:総務省「国勢調査」2015年)

**(出典:国立社会保障・人口問題研究所「配偶関係別人口推計(15歳以上)」2019年)
単身世帯には「1人親と子から成る世帯」は含まない。

“ひとり”でも、暮らしやすい社会へ

家族の基本は、”ひとり“からはじまる。
夫婦+子供の構成が基本、
という家族観を見直し
単身世帯も「一家族」として
快適に暮らす社会をつくります

My Policy

家族は「夫婦+子供2人」が前提となっていて、現行の制度や商習慣もそれをベースに作られてきました。このため“ひとり”家族というだけで、不利益な待遇を強いられることが少なくありません。“ひとり”家族への無理解を解消し、快適に暮らせる制度作りを進めます。また“ひとり”だからこそ不安な、突然死などの万一の事態に備えた法整備もすすめます。

年を重ねても安心して部屋を借りられる法整備

単身の中高齢者が部屋探しをする際、入居を断られることが頻繁に起こっています。高齢単身者が急速に増加している現状を踏まえ、年を重ねても “ひとり”で安心して生活できるような法整備に取り組みます。

デジタル遺品をめぐる法整備

亡くなった後、スマホやパソコンに残されたデータの処理には、扱いに困るものが多くあります。SNSや銀行口座、情報サービスのパスワード管理、課金サービスやサブスクリプション契約などが死後スムーズに解約できるよう、デジタル遺品をめぐる法整備を進めます。

家族同然のペットとの共生

単身生活者にとって家族同然であるペットと安心して暮らせる住宅環境の整備や、万一の時にペットが取り残されることのない仕組みや制度づくりに取り組みます。また、条件を満たせば単身者でも保護犬の里親になれるよう、現行制度の見直しにも取り組みます。

ひとり”でも、みんなでも同じ未来へ

家族と家族は、つながっていく
ひとりひとりが
ネットとリアルのコミュニティで
思いやり合う距離感を
大切にした未来をつくります

My Policy

“ひとり”家族という生き方を認めあい、互いを尊重し助け合う単身者同士のネットワークを創設し、孤立や孤独を生まない仕組みづくりを進めます。また、5Gを活用した次世代のネットワークの導入を進めていきます。

次世代のネットワーク作りの推進

“ひとり”でも孤立や孤独を生まない、次世代ネットワークの導入を推進していきます。ICT*やIoT**のシステムを活用し、プライバシーを尊重した持続可能な“ひとり”家族のネットワーク作りを進めていきます。また、互いに思いやる距離感を大切にしたリアルなつながりの「場」も創設していきます。

*ICT=Information and Communication Technology情報伝達技術

**IoT=Internet of Things「もののインターネット」さまざまなモノがインターネットとつながる仕組みや技術

ウェブ上の「忘れられる権利」導入に向けた取り組み

一旦ウェブ上に掲載された情報は、半永久的に記憶されます。リベンジポルノとして投稿されたヌード写真など、プライバシーの侵害に当たる情報も例外ではありません。EUでは救済措置として「忘れられる権利」(=消去する権利)を保障していますが、日本では認められていません。“ひとり”同士のネットワーク作りを安心して推進していくため、「忘れられる権利」の日本導入に向けた検討や法整備を進めていきます。

「地域包括ケアシステム」の構築

身寄りのない一人暮らしの高齢者が、住み慣れた地域で自立した生活が送れるよう、地域ぐるみで支えていく「地域包括ケアシステム」のネットワーク作りを推進していきます。

白沢みきは、SDGs*で掲げた
ゴール達成のため行動します。
特に、持続可能な地球を実現する
環境問題に積極的に取り組みます

My Policy

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」で掲げられた17のゴール中で、特に11番目の「住み続けられるまちづくり」に重点を置き、持続可能な地球を実現するため環境問題の解決に積極的に取り組みます。

環境問題(廃プラ問題)の解決

廃プラスチックによる海洋汚染が国際的な課題となっています。廃プラの削減や氾濫防止の具体策の法令化を進めていきます。

※SDGs=「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」2015年の国連サミットで採択された、国連加盟193か国が2030年までの15年間で達成するために掲げた目標。世界中の国々で、17のゴール(+169のターゲット)からなる開発目標の実現に取り組むこととしている。

“ひとり”は、家族のはじまり。“ひとり”は、持続可能な地球のはじまりです。

Be Yourself, Make it Possible. Believe Yourself, Make it Sustainable.

白沢みきへの投票方法

政党名を書かないで!
政党名を書いても入れたい人には票は入らないから!
OK!白沢みき!
「白沢みき」と書いて比例代表に入れてください!

白沢みきはSDGsを支援しています。

  • 立憲民主党
  • 国際連合広報センター

白沢みきはいつでも皆様からのご意見をお待ちしております!

白沢みきに協力してくれるボランティア募集中!
Copyright © MIKI SHIRASAWA All Rights Reserved.